使う前に知りたいセラミドの特徴と役目とは?

セラミドをもっと深く知りたい人は注目しよう

使う前に知りたいセラミドの特徴と役目とは?

女の人

セラミドの役目

人が本来持っている美容成分の一つがセラミドです。肌細胞の隙間に挟まっており、これが潤いを保ち油分を閉じ込めます。特別なケアをしていないにも関わらず乾燥しにくいのは、セラミドが足りているからなのです。

婦人

他の美容成分の働きを助ける

肌のバリア機能を高めるには、外側からケアをすることが大切です。セラミドの場合、角質層に潜んでいるので、内側からケアするよりも断然効果的と言われています。さらに、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸の効力を高めるのでセラミドの偉大さを知る部分でしょう。

セラミドを使う前に知っておきたい知識

基礎化粧品

セラミドの種類を把握する

セラミドには、それぞれ1.2.3と種類があります。セラミド1の機能は、水分を保持する機能が高いこと、外部からの刺激に対する抵抗力が強いことが主な特徴です。セラミド2は、1よりも保水力がワンランク上になります。一方、セラミド3は、シワを軽減することを得意としています。

合わせて読みたいセラミドの由来

セラミドの良さをすべて持っているのが天然セラミドです。その分原価が高くなるのが難点でしょう。植物性セラミドは、主に大豆なこんにゃくなどといった食材から抽出されるもので、原価が安く大量生産向けです。活性型のセラミドは酵母から作られたもので、人の肌に含まれるセラミドと全く同じです。天然セラミドと同等の効果が期待できるでしょう。

食べながらセラミドを増やす

こんにゃくや大豆といったセラミドたっぷりの食材を摂ることで、消化する時に糖、脂肪さん、スフィンゴシンに分解されます。中でもスフィンゴシンは角質層にきちんと作用し、セラミドを生産する時のサポートをします。その働きを促すには、コンニャクイモ、ジャガイモ、カリフラワーを食することが求められます。

広告募集中